病児保育室の利用制限に関しまして【重要】 一覧へ戻る
  • 現在、各地で新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は増加傾向にあり、兵庫県内では緊急事態宣言が発令されております。
    今後も予断を許さず、引き続き警戒し感染収束に向けた取組みが求められています。
    感染の拡大に伴い、保育施設等におきましても、感染が確認されるケースが増加してきています。
    感染防止対策を徹底していくために、お子さんや同居するご家族の方の通園、通学先や勤務先等で新型コロナウイルス感染症の感染が確認され、自宅待機等を指示されている場合、万が一に備えまして、保育の利用を停止いたします。

    なお、神戸大学病院の小児科での受診は9月11日(土)まで停止いたします。
    あらかじめ他の医療機関を受診して、病名の確定診断がされている場合のみ病児保育室を利用することが出来ます。

    安心・安全の保育を実施していくために、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。
  • 2021年08月30日
<<前のお知らせ 次のお知らせ>>

入力内容に誤りがあります。